おがたクリニック 耳鼻咽喉科・眼科 ロゴ 耳鼻咽喉科 眼科
おがたクリニック
ホーム 耳鼻咽喉科 眼科 診察予約 施設/アクセス
おがたクリニック 耳鼻咽喉科・眼科 ロゴ
 

主な検査機器

 
■耳用顕微鏡
処置から小手術まで対応する耳用顕微鏡です。
耳用顕微鏡

→ 戻る

 
■鼓膜鏡
先端が小さく鼓膜の詳細な観察が可能です。
初期の真珠腫性中耳炎など肉眼で診断しにくい病変の発見に有効です。
鼓膜鏡 中耳真珠腫
  中耳真珠腫
→ 戻る

 
■聴力検査機器各種
標準純音聴力検査:一般的な聴力検査、難聴の原因を調べます。
言葉の聞き取り検査:補聴器の適合の際に行います。
ティンパノメトリ:鼓膜の動きを見る検査です。滲出性中耳炎など中耳の病変を調べます。
標準純音聴力検査装置 ティンパメトリ
   標準純音聴力検査装置 ティンパメトリ

→ 戻る

 
■聴力検査用防音室
検査の正確さを期すため防音室を設置しています。付き添いの方も同室できる広さがあります。
2重扉の高度な防音室です。

→ 戻る

 
■半導体レーザー(アレルギー性鼻炎のレーザー治療用)
減感作療法、内服治療に反応しない鼻閉の強い患者さんに効果的です。3年以上の効果持続(約75%)があります。手術は痛みや出血がほとんどなく、外来で短時間にできます。術後、週2〜3回の通院が必要です。術後3-4日間は鼻閉、鼻水等が強くなりますが、徐々に改善します術後運動の制限は特にありませんが、水泳は術後2-3日は避ける必要があります。レーザー手術はアスピリン喘息患者さんに多い難治性・易再発性の鼻茸にも有効です。
半導体レーザー(アレルギー性鼻炎のレーザー治療用)

→ 戻る

 
■鼻内手術用硬性内視鏡
従来の副鼻腔炎(蓄膿症)の手術は歯肉から切開を加えていました(根本術)。根本術は入院が必要で術後に頬の腫れをきたしました。最近は硬性鏡が発達してきたおかげで手術が鼻の穴から行えるようになりました。(鼻内術といいます)鼻内術は日帰り手術が可能で、頬の腫れもありません。レーザー手術もこの硬性鏡を使用します。
鼻内手術用硬性内視鏡

→ 戻る

 
■喉頭ビデオスコープ
検査は鼻から内視鏡を挿入して行いますが従来の電子ファイバースコープは径が大きく痛みを伴うことがありました。現在の内視鏡は径が3.9mmで殆んど無痛で検査が可能です。また、DVDで記録するため鮮明な画像をテレビモニター上で見ることができます。
喉頭ビデオスコープ
喉頭腫瘍
喉頭腫瘍

喉頭ビデオスコープ先端拡大像
喉頭ビデオスコープ先端拡大像


→ 戻る

 
■超音波断層装置
当院では超音波(エコー)検査を行っています。超音波検査でできものが良性か悪性かある程度の判断ができます。悪性が疑われれば細胞診検査を行います。なお超音波検査は痛みを伴いません。絶食も必要ありません。
超音波断層装置

→ 戻る

 
■細胞診検査機器
穿刺細胞診は深部にある病変(甲状腺、唾液腺、リンパ節など)に対して注射針を用いて得られた細胞を標本にして悪性・良性の診断を行います。組織標本と比較して、侵襲性が軽いこと、標本作製までの時間が短くてすむなどの利点があります。
細胞診検査機器

→ 戻る

 
■レントゲン撮影装置・デジタルレントゲン装置
レントゲンをデジタル化していて、画像は電子保存しているためいつでも即座に過去画像の
取りだしが可能です。
レントゲン撮影装置
レントゲン撮影装置
デジタルレントゲンビューワー
デジタルレントゲンビューワー

→ 戻る

 Copyrights(C) 2005 Ogata Clinic all rights reserved. プライバシーポリシー  
おがたクリニック 耳鼻咽喉科・眼科 住 所:山口市泉町8-23  電 話:(耳鼻咽喉科)083-934-3800 (眼科)083-934-3801
休診日:木曜午後/日曜/祝祭日/年末年始